A girl is worry

心配な副作用

the white tablets

低用量ピルというのは毎日服用しなければ十分な避妊効果を得ることができませんが、アイピルであれば性行為後1錠服用するだけで避妊ができます。それだけ、アイピルというのは低用量ピルに比べて高い避妊効果があるということです。

しかし、効果が高いということは、それだけ副作用のリスクがあるということでもあります。
ピルには女性ホルモンに似た働きをもつ成分が含まれており、排卵を促します。自然ではありえないほどのホルモンを摂取しますので、副作用が起こるのは当然のことといえば当然です。
起こりうる副作用は、主に吐き気です。その他にも下腹部の痛み、胸部の違和感、頭痛といった症状が挙げられます。
ただ、こうした副作用というのは常に続くわけではありません。多くは1~2日で症状は治まります。
多くの女性はアイピルを服用して吐き気を感じると言われていますが、副作用の吐き気を抑えることができます。その方法とは2つ存在しており、「食後に服用すること」と「酔い止めを一緒に服用すること」です。そうすることで、吐き気が抑えられます。

また、アイピルを服用して吐き気を感じ、嘔吐してしまった場合には再度アイピルを服用する必要があります。ただし、アイピルを服用してから3時間以上経過して嘔吐してしまった場合には再度服用する必要はありません。

アイピルの副作用が心配…という女性は多いと思いますが、副作用を抑えることもできますので心配せずに服用しましょう。