A girl is worry

アフターピルの作用

a girl is crying

アイピルというのは緊急用の避妊薬、アフターピルと呼ばれています。通常のピルは性行為をする前に服用(継続して服用)する必要がありますが、アイピルの場合には、性行為後1度の服用だけで避妊効果を得ることができます。
そのため、避妊をしていても失敗してしまった…そういった場合でも後から避妊できるので安心です。

アイピルの主成分には女性ホルモンと同じ働きをするホルモンが配合されています。この、ホルモンの働きによって排卵が抑制されます。排卵が抑制されるとどうなるか?というと、卵子が排除されますので受精をすることができなくなります。つまり、妊娠できない状態になります。ただ、服用するタイミングによっては受精をしてしまいます。そうなれば受精卵が誕生します。受精卵はゆっくりと約7日間かけて子宮に達し、着床します。しかし、72時間以内にアイピルを服用することによって、子宮内膜を無理やり剥がせるので着床できない状態にします。よって、受精卵ができてしまっても避妊をすることが可能です。こうした2つの働きによって妊娠を防ぐことができ、性行為後でも避妊をすることができます。
また、子宮内膜を無理やり剥がしますので生理と同じ現象が体に起こります。
そのため、生理が来れば見事避妊成功ということとなります。

高い避妊効果がありますが、アイピルは必ず72時間以内に服用する必要があります。72時間を過ぎてしまえば十分な効果は得られませんので、すぐに服用することが出来るように常備しておくと安心です。