A girl is worry

低用量ピルとの違い

a woman is stress

世の中には様々な避妊方法があります。男性が避妊をするものや女性が避妊するものがあります。男性用の避妊具としてはコンドームがありますが、女性用の避妊具というのは非常に多くの種類が存在しています。経口避妊薬、殺精子剤、女性用コンドーム…というような種類があり、それぞれ使用方法や避妊率は変わってきます。
多くの避妊方法がありますが、その中でも世界で多く使用されているのは経口避妊薬です。

日本でも低用量ピルというのを服用している女性が多くいます。
低用量ということでアイピルに比べて効果は低いですが、その分体への負担は少なくなります。しかし、人によっては太る、吐き気がする、頭痛…といった副作用が起こります。また、低用量ピルというのは性行為をするときだけではなく、毎日服用する必要があります。

低用量ピルは毎日欠かさず、決まったタイミングに服用することが大切なので忘れっぽい女性やめんどくさがりといった女性には適していないでしょう。
また、性行為をする頻度が少ないという場合でも毎日服用する必要がありますので、コストパフォーマンスは良いとはいえません。

アイピルであれば性行為を行なったあとに1錠服用するだけでOKです。つまり、非常に手軽な避妊方法なのです。
そのため、ポーチの中へ忍ばせていれば、もしも…ということがあってもすぐに対応することができます。
便利な避妊薬のアイピルですが、やはり女性ホルモンの働きを利用して避妊をしますので、常用することは避けましょう。普段からコンドームで避妊をして、避妊に失敗してしまった、不安になったという場合だけ服用しましょう。